ニフモやWonderlinkの口コミ

私が契約したのは楽天モバイルのデータSIM5Gプランです。タブレット端末を所有していますが、屋外にいるをする際にどうしてもWi-Fiの環境を見つけることが難しく、いつも使えるようにしたいと言うことで楽天モバイルのデータSIMを契約しました。スマートフォンのテザリングを使うよりもトータルコストで考えると間違いなく安いこと、さらには通信エリアももともと利用しているドコモのLTEがベースになっているので安心して契約することができました。また、ブランド毎月変更することができ必要なくなればすぐに解約できると言うところも大きなメリットだと思います。
もちろんSIMカードの初期費用もかからないので非常に簡単に契約することができました。

乗り換えようと思ったきっかけは、やはり料金です。以前はソフトバンクを使っていたのですが、「連絡が取れれば良い」というくらいの使用頻度で通話もそれほどしなかったのですが月6000円くらいかかってました。ほぼ何もしなくてこの金額を支払っていることに疑問を感じ、格安SIM(ニフモ)を検討し乗り換えました。
実際に乗り換えてみて、回線が繋がりにくいとか通信速度が遅いとか感じたことはなく以前のものと同じように使えています。そのことを考えると、もっと早く乗り換えておけば良よかったと思っています。
格安スマホに乗り換えてから、端末代金を含んでも月3000円くらいになり(通話+通信の3Gプラン)、以前のものと比較して半額くらいになり、しかも新しい端末が手に入ったことは、すごく良かったです。
乗り換えて困ったことは、今のところ見つかりませんが、あえて言えば端末(P8lite)には、ジャイロセンサーが搭載されていないことです。そのため万歩計などのアプリがうまく動かないので、端末にジャイロセンサーが搭載されているかどうかはチェックしておいたほうがよかったと思っています。

契約したMVNOは、パナソニックのWonderlinkのLTE F-使い放題700コースで月額約1,500円となります。このSIM契約の前は、同じくMVNO業者のmineoで月額900円のDプラン シングルタイプ (3GB)でした。IP電話を利用するので、ある程度安定した高速通信が希望でした。なので、パナソニックのWonderlinkはそれなりの満足でき、IP電話も普通に利用できます。ただ、ダンロードなどの大きな容量を必要とする通信では思ったほどの速度が得られずいらいらすることもしばしばあります。また、パナソニック自体が多くの顧客を得ようとキャンペーンを大々的に実施した際は著しく速度低下が見られました。これらの点を踏まえれば、競合他社のものよりは若干値段は高いのですが、それなりに満足のいくSIMだと思います。