格安SIMには大手キャリアの2年縛りのような契約の制限はないのか?

ドコモやau、ソフトバンクで携帯電話やスマートフォンを携帯した時、一般的に2年契約となります。これを2年縛りと呼び、悪名高い契約方法として知られています。なぜなら更新月かその翌月までに解約しなければ、自動的に再び2年契約となるからです。
最近はMNPだけでなく、新規契約においても本体代金が無料となる契約方法が登場しています。各社名称は異なりますが、いわゆる購入サポートというお得な購入方法です。しかしこの購入サポートは、よく分からずに契約してしまうと、後から非常に困ることになりかねません。なぜならこの購入サポートで購入すると、会社によって異なりますが1年間または2年間の解約が禁止されているからです。もし定められた契約期間内に解約してしまうと、通常の2年以内の契約解約料約1万円の最大約5倍の違約金を支払う必要があるのです。しかも会社によっては機種変すら禁止されており、契約内容を知らずに契約してしまうと、後から大変な目に遭うかもしれないのです。
一方最近流行りの格安SIMは2年縛りはあるのかというと、契約するSIMによって異なります。電話が出来ないデータ専用SIMなら、ほとんどの会社で契約期間の縛りはなく、いつでも無料で解約できます。

機種の古さ、性能の低さというデメリットもよく挙げられますが、最近の格安スマホ会社が提供している端末は性能の高いものも増えています。なので絶対に最新機種じゃなければイヤ!という方や、よっぽど性能にこだわりがある方でなければ気になりません。

参考:格安スマホおすすめ比較labo | 人気の機種と会社ランキング

電話が出来る音声SIMは、ほとんどの格安SIM会社で6ヶ月~1年の範囲で最低維持期間が設定されています。しかも契約解除料金も、キャリアと比べて低めに設定されています。なお最低維持期間が設定されていない会社は、契約解除するのは無料ですが、他社にMNPする場合はMNP手数料としてほとんど契約解除料金と同額を支払う必要があることが注意点です。また各格安SIM会社ともに1人の名義で5回線程度は契約できますが、新規契約と短期解約を繰り返していると、ブラックリスト入りして契約を断られる可能性があることが注意点です。
このように格安SIM会社には音声SIMでも最低維持期間が設定されていない会社もあるので、実際に使い勝手はどうかなど気軽に試せるのです。

格安SIMでもLINEやFACEBOOKは使える?

今やスマートフォンユーザーのほとんどが利用している「LINE」や「Facebook」ですが、無料でメールや通話が出来ることや、各々が自分の日常を自由に掲載することが出来ると言った機能があることが指示されている一つの理由と言えます。

以前、携帯電話が主流だった時代には「20秒で30円」と言った高額な通話料を掛けて電話を利用していました。基本料金の中に無料通話分が含まれていることが多く、その範囲であれば追加のコストを支払わなくとも良かったのですが、その代わりとして基本料金が高額に設定されていました。

スマートフォンが主流となってから今日に至るまでにおいても同様で、最近こそ基本料金が安くなり始めているもののその負担は無視することが出来ないものと言えます。

そこで近年注目が高まっているのが「格安SIM」です。これまでであれば「キャリア契約」と言う形で各サービスキャリアと直接的な契約を結んでいました。寡占的な市場だったこともあって料金は高額な水準が維持され続けていましたが、ここ数年でキャリア業者以外がサービスを提供することが出来る様になったことで、非常に安い料金でスマートフォンが利用出来る様になりました。

キャリアSIMと格安SIMとの違いとしては、単純に「大手キャリアとの契約では無い」と言うことです。若干ですが通信が遅かったり通話の品質が劣ってしまうこともありますが、キャリア回線を使って通信が出来るので気になるほどの違いは無いことの方が多いです。

格安SIMには、「通話プラン」と「データ通信プラン」と言った種類があり、前者はスマートフォン単体で通話を楽しむことが出来ますが、後者はIP電話などを利用しなければ通話をすることが出来ません。しかし、違いとしてはその程度のものと言えるため、タイトルにある通りLINEやFacebookは問題なく使えると思っていて問題ありません。ただし、番号認証時にいささか問題が発生する可能性があるということは覚えておく必要があります。

一般的なスマホユーザーが1ヵ月に使う通信量の平均はどのくらい?

スマホユーザーはスマートフォンを契約する際にデータの通信容量を選択する必要があります。
大手キャリアではかけ放題プランが適応されてから月間で使用するデータ通信量を選択することが可能になりました。
更には近年話題を集めている大手キャリアから回線を借り受けて格安でsimカードを提供している仮想移動体通信事業者でsimカードの契約をする際にはデータ通信量を選択する必要があります。
月間通信量を多くすることにより料金は高くなりますが、より多く高速でデータ通信をおこなうことが可能になります。
また月間通信量を少なくすると料金は安く抑えられますが通信量の上限を超えてしまうと制限がかかり、通信速度が低下します。
データ通信量は動画の閲覧やオンラインゲーム、ダウンロードなどをおこなうユーザーは平均して通信量が多く、電話やメール、インターネットの検索エンジンなどを主に利用するユーザーは平均して通信量が少ない傾向にあります。
自宅にWi-Fi環境が整っている場合にはスマートフォンをWi-Fiに接続することにより、データ容量に関係なくインターネット通信が可能になりますので使用用途によっては通信量を抑えることができ、大手キャリアではスマートフォンとインターネット回線を同時に申し込むことにより、トータルの通信費を安く抑えるプランなども提供している為、スマートフォンの利用はもちろん、PCやタブレット端末での通信をおこなう場合には通信費を安く抑えることの出来る方法の一つとなります。
自分自身が使用しているデータ通信量は契約している携帯会社によって操作は異なりますがスマートフォンで確認をすることが出来ますので毎月チェックすることにより、より自分に合ったプランを選択することが出来ます。
データ通信量は後に契約容量の変更なども可能である為、スマートフォンの利用頻度が急に増えたり、極端に減ったといった変化に対応することも出来ます。

 

格安simに変えようと思った一番の理由は携帯料金の節約を考えたからです。現在iijmioのミニマムスタートプラン3GB音声通話機能付きで毎月およそ2000円で利用しています。乗り換える前はsoftbankで毎月7000円ほど支払いしていたので大きく節約することができました。
格安simのプランの中でも一番安いプランにしたので、通信環境や通信制限などが気になりましたが、なんの問題もなくとても利用しやすいです。wifi環境の中利用することが多いので、データ量も十分なうえに、専用アプリでデータ量を確認できるという点が素晴らしいと思います。
さらに余ったデータ量を次月に繰り越して使えるということを利用していているうちに気づき多くのメリットを感じました。
格安simに変えて良かったなと思います。